みんなで大家さん 元本の安全性を重視した不動産投資商品

よくある質問

みんなで大家さん ホーム > よくある質問

よくある質問をまとめました メリットは?リスクは?元本保証は?お客様からのよくある質問と回答を掲載しております。

お客様からのよくある質問と回答を掲載しております。

「みんなで大家さん」のメリットは何ですか?

  • ・1口100万円からの少額出資で手軽に賃貸事業に参加できます。
  • ・営業者が保有する優良な物件を選別し、その賃貸利益を分配原資としておりますので銀行預金よりもはるかに高い利回りが望めます。
  • ・営業者側が面倒な管理・運営を出資者の皆様に代わりに行いますので手間が一切かかりません。
  • ・申込手数料が無料なため初期費用がかかりません。
  • ・優先劣後システムの採用で元本毀損リスクを極小化しております。

「みんなで大家さん」のリスクは何ですか?

  • ・金融機関の預貯金とは異なり、元本の保証はございません。
  • ・予想分配率は、あらかじめ一定の利益分配金を保障するものではございません。
  • ・賃貸収入及び賃貸事業に伴う支出等の変動により、利益分配金は変動します。
  • ・営業者の買取価格も上記要因等により変動します。

元本保証はされていますか?

出資法により、元本の保証は禁じられております。
しかし、優先劣後システムを採用していますので、対象不動産の評価額が下落した場合でも、下落が劣後出資の範囲内であれば、優先出資である お客様の元本に影響がない仕組みとなっております。

運用期間は?

3年以内の短期運用です。
今後はご契約日から満期までの運用となります。

現在までの運用実績を教えてください。

現在まで販売された「みんなで大家さん」シリーズにおいて、実際の分配率が、予定分配率を下回ったことはございません。
また、出資金割れとなった商品は1つもございません。
※但し、あくまで過去の実績であり、過去の実績が今後も当てはまるものではない事にご留意下さい。
※現在までの実績は、運用実績に記載させていただいておりますので、そちらをご確認ください。

「みんなで大家さん」は確定利回り商品ですか?

利回りは確定しておりませんが、利益分配金の安定性を高める優先劣後システムを採用しております。
優先劣後システムによりお客様の当事業における賃貸利益を受け取る権利が優先されます。
現在まで販売された「みんなで大家さん」シリーズにおいて、利益分配金が想定利回りを下回った事は一度もありません。
(但し、過去の実績が今後も当てはまるものではない事にご留意下さい。)

利益分配金に対する税金はどのような扱いとなっていますか?

利益分配金は「雑所得」となり、総合課税扱いとなります。
お客様の利益分配金から20%(所得税)の源泉徴収をした後、お客様ご指定の口座にお振込みいたします。但し、源泉分離課税ではございませんので、原則お客様による確定申告が必要です。
【補足】なお、以下の点についてご留意ください。
  • ・営業者は所得税法第225条に基づき「支払調書」を税務署に提出いたします。
  • ・お客様へは毎年1月に、「支払調書の控え」を営業者から送付いたしますので確定申告にお使い下さい。
  • ・税法改正および税務当局の判断等により、上記内容が変更になる場合があります。
  • ・詳細につきましては、税理士・所轄の税務署へお問い合わせください。

J-REIT(不動産投資信託)との違いは何ですか?

J-REITは、証券取引所に上場している投資法人の投資口を購入し、株主になるようなものです。
投資法人は、不動産に投資するための一種の会社であり、投資家は不動産の収益を配当として受け取ります。投資口は株式のようなものなので、市場で流通し流動性が高い反面、価格が大きく上下する可能性があります。
一方、みんなで大家さんは、すでに契約済みの家賃収入を投資家に分配するしくみです。元本の評価も家賃収入で決めるため元本の変動リスクは少ないといえます。
現在のところ、みんなで大家さんシリーズは元本価格が変動した事はありません。(過去の実績であり、将来の元本を保障するものではありません)

サブプライムローンの影響はありますか?

この商品はサブプライムローンを組み込んだ証券化商品ではないので直接の影響はありません。
「みんなで大家さん」は実体を有する不動産からの賃貸利益を分配原資としています。対象不動産を保有する営業者が、賃料収入・建物管理費に関して確実に把握し必要な管理を行っているので、分配原資となる賃貸収入が安定しております。

匿名組合とは?

匿名組合は、商法、不動産特定共同事業法で規定されている組合です。
匿名組合は、匿名組合契約により組成される組合であり、匿名組合契約は商法第535条に規定されている契約形態で、投資家の皆様が営業者のために出資をし、営業者がその営業から生じる利益の分配を行うことを約束する契約をいいます。
さらに「みんなで大家さん匿名組合契約」は、投資家保護を目的とする不動産特定共同事業法第2条3項2号で規定されています。

マスターリース会社による「一括借上げシステム」とはどのようなものですか?

マスターリースとは、マスターリース会社がテナントへ転貸することを前提とし、不動産の一棟を賃借することをいいます。
マスターリース会社が対象物件を一括で借上げてテナントへ転貸することで、毎月一定の賃料(一括借上賃料)を営業者が受け取ることができる仕組みです。テナント様の退去による空室による賃料収入低下、テナント様からの賃料の延滞が発生しても、継続して一定の賃料受け取れるため、お客様へ安定した利益分配ができる仕組みとなっております。

みんなで大家さんの譲渡は可能ですか?

以下の①②に掲げる場合に限り、本契約上の地位を譲渡することができます。
①営業者に譲渡する場合
②営業者以外の第三者に譲渡する場合
契約締結後、営業者に本契約上の地位の譲渡の申し出が著しく多発した場合は、一時的に行えない可能性がありますので、ご注意ください。
手数料について
①営業者に譲渡する場合:出資の価額の3.0%相当額(税別)
②営業者以外の第三者へ譲渡する場合:出資の価額の1.0%相当額(税別)

契約期間、運用期間は?

3年以内の短期運用です。原則、ご契約日から契約満了日までの運用となります
但し、営業者は、契約満了日までに、対象不動産全部の売却、新たな匿名組合出資による資金調達手続きが完了していない場合には、営業者の判断により、契約満了日から1年を上限として契約期間を延長することがございます。

商品について行政とはどのようなやり取りをしていますか?

組み入れる対象物件の概要、パンフレット、重要事項説明書、匿名組合契約書を事前に提出し、記載内容や文言の表現など、細かいチェックを受けています。