ファーム1号

トップページ > 商品一覧 > ファーム1号
安定運用中
 
  • 想定利回り7.1%
  • 運用期間3
  • 出資金1口100万円
物件名
青果熟成加工物流センター
当初満了日
2021年2月28日※対象不動産の売却が終了していない場合、当初満了日から1年を上限に
契約期間を延長することがあります。
募集総口数
2,400口
申込手数料
無料
● 分配回数について: 年6回、偶数月の月末(月末の最終営業日)に分配します。
● お申込口数について: 募集総口数に達するまでお一人様何口でも出資可能です。
● お申込期限について: 募集総口数に達するまで先着順にて受付けます。(完売次第、販売終了となります。)

ファーム1号の組み入れ物件 青果熟成加工物流センター

対象不動産は、常識では不可能とされている「純国産バナナ」を生産する農業法人施設です。「純国産バナナ」は糖度25度と普通のバナナの1.5倍以上も甘く、完全無農薬で栽培することで、皮ごと食べられる驚きのバナナです。その話題性からテレビや雑誌、人気YouTuber にも紹介され、大手デパートで完売になるほどの人気商品となっています。

バナナは本来、年間を通して16度~30度の気温がないと育てられない熱帯の果物です。そのため日本の環境では成長速度が遅い、葉が成長しても果実が実らない等、バナナの栽培には適しません。
しかしそのような環境の中で、正真正銘の「純国産バナナ」として栽培を可能にする技術があります。それが特許技術「凍結解凍覚醒法」です。

バナナの苗に人工的に氷河期を体験させ、植物本来の力を覚醒させます。覚醒した苗は耐寒性がつき、零下の環境でも育ちます。また耐寒性だけでなく病害虫耐性も高まり、無農薬栽培が可能となります。さらには遺伝子の転写速度が増すことで、驚くほどの速さで成長するため収益最大化を期待できます。

みんなで大家さんファーム1 号は収穫したバナナの熟成、梱包・出荷を行う施設を農業法人に賃貸し、そこで得られる賃料を分配いたします。

物件概要

物件名 青果熟成加工物流センター
敷地面積 6250.91m2
想定賃貸利益 213,000千円(税別)
所在地 南九州市川辺町平山字京田4109番地2、4108番地
種別 工場・機械室

ファーム1号 運用実績

ファーム1号は2018年3月1日を組合加入日としており、、
評価額は1口100万円(満額)となっています。利益分配金も想定通りの年7.1%が分配されています。
評価額、想定利回りともに下回ることなく安定した運用をしています。

分配日 分配期 運用期間 運用日数 分配金/口
(税引後)
分配率
(年率換算)
評価額
2020/02/28 第11回 2019/11/01 ~ 2019/12/31 61日 9,444円 7.1% 1,000,000円
2019/12/27 第10回 2019/09/01 ~ 2019/10/31 61日 9,444円 7.1% 1,000,000円
2019/10/31 第9回 2019/07/01 ~ 2019/08/31 62日 9,598円 7.1% 1,000,000円
2019/08/30 第8回 2019/05/01 ~ 2019/06/30 61日 9,444円 7.1% 1,000,000円
2019/06/28 第7回 2019/03/01 ~ 2019/04/30 61日 9,444円 7.1% 1,000,000円
2019/04/26 第6回 2019/01/01 ~ 2019/02/28 59日 9,134円 7.1% 1,000,000円
2019/02/28 第5回 2018/11/01 ~ 2018/12/31 61日 9,444円 7.1% 1,000,000円
2018/12/28 第4回 2018/09/01 ~ 2018/10/31 61日 9,444円 7.1% 1,000,000円
2018/10/31 第3回 2018/07/01 ~ 2018/08/31 62日 9,598円 7.1% 1,000,000円
2018/08/31 第2回 2018/05/01 ~ 2018/06/30 61日 9,444円 7.1% 1,000,000円
2018/06/29 第1回 2018/03/01 ~ 2018/04/30 61日 9,444円 7.1% 1,000,000円

ファーム1号の商品概要 ファーム1号の商品概要 - スマートフォン用

ファーム1号のリスクについて ファーム1号のリスクについて - スマートフォン用

その他概要 その他概要 - スマートフォン用

商品一覧へ戻る